Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの風邪。

前の記事をあげたとき、少し体調が悪かったのですが風邪のひき始めらしかったのでした。
頭が痛かったのも、肩のこりすぎじゃなかったんだ!すっごく眠かったのも疲れのせいではなかったのね!?
とりあえず必要以上にあったかくしてたっぷり寝たらけろっと治ってしまいました。熱が出なかったので大事にならずにすみました。
しかしは肩はいまだに痛いので肩こりは本物だったようです。くそう、肩こりも風邪のせいだったらいいのに……!

話がまったく変わりますが最近、自分の「小説の書けなさ」に見合う単語を見つけました。
「文章が書けない」だとさすがに言い過ぎで友人も「は!?」みたいな顔をするのでちょうどいい説明が出来ないものかと思っていたのです。
それは…………
「文才がない」
いいな、これ!

小説が書けないのも「文才がないから」。
ペーパーや同人誌のフリートーク用のスペースを実録マンガにしてしまった(たまに前記や後記もすることがある)のも「文才がないから」。
アリアバートの前髪の考察を絵でやった↓(龍魔に「考察が絵なの!?」と驚かれた)のも「文才がないから」!
使い回しです。

……で、実際のところ「文才」ってどういったものなんでしょうね?(だったら使うな)

追記から拍手お返事です。
龍魔幻 様
キミ、この絵紙の状態でみてるでしょ?
ひじ鉄はダメージが少ないのであえて蹴りなのです(こんな事する人間は分かりきっているのでびっくりはしても反射で手は出さないのです)。と、言い訳してみる……。


yaya 様
AJ肩、お大事に!!
それはもう、見え隠れするうなじにむらむらきちゃうワケですよ!
うちのアリアバートはこういう事をされても全然めげないのでよくちょっかいを出しているみたいです(何故か他人事)。というか、ちょっかいを出さなければ出さないで、ジュスランは不機嫌になっちゃったりするわけですよ。それをA公爵は知ってるから(>v<)!
  • コメント : -
  • トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。