FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

封じられた抵抗

神妙な面もちで近づいてきたアリアバートにいきなり抱きしめられた。突然のことに驚きもがこうとした瞬間、聞こえるか聞こえないかの声がした。「少しの間でいいから、こうしていてくれないか……」この体勢では表情をうかがい知ることができなかったがその声は苦しそうでも切なそうでもあり、抵抗する気を失わせた。「……アリアバート……」こんなアリアバートは初めてでどうしたらいいのかわからずただただ名前を呼ぶ事しかできなかっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。